2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほら、人間という生き物は、こんなにも愚かで、哀しい。
ヤスとミハルのチュウは
満足していただけましたでしょうか?( ̄ω ̄)

実はあの後、
カッチン&愛知くん夫婦もチューを
させられていました(笑)




・・・・・・と、いうか



愛知君は自ら

喜んでしていたんではないでしょうか(笑)



夫婦仲良しで何よりです。



さて。
またもや小説を買ってしまった。
(ちなみに白夜行は売ってなかったわぁ;)

ここから先は
完全に個人趣味の本に
ついての事なので
興味ない方は
スルーしたって下さいm(_ _;)m



このBLOGで小説の事を
参考にしてくれているって
貴重な方がいらっしゃるので
とっても嬉しいですm(_ _)m

私ゃ、読書家と呼べるほどでは
本当に、全然全然ないので!!
申し訳程度ですが
チラホラと載せていきます^^


CA3J10360001.jpg

『ほら、人間という生き物は、

こんなにも愚かで、哀しい。』


この帯の言葉で即決め。
あー私って単純やな・・・。

あ、でも本当は「慟哭」が目的やったんですけど
帯の通りに、この3冊はセットで読まないと、と思って。


どちらの方の作品も
何冊か読んでいます。

久しぶりに伊坂さんの買ったなー。
この人の小説出る早さって凄いと思う。
こないだ新刊出てたなーと思ったら
またすぐに新刊出すもんなー。
波に乗っているんでしょうね。
それゆえに、少し待っていれば
中古で安く買えるという(笑)

しかし、ちょっと映画化されすぎて
疎遠気味やったんですよね、本当の所。
しかも、映画化されたやつの
半分くらいが全然良くなかった。
(途中で見るのもイヤになった。)
小説を先に読んでいたのも
絶対あるとは思うんですが。
いや、原作が悪いわけではないんですけど。
湊かなえさんの小説とか
売ってたら買うし・・・。
って、なんの弁解かよう分からんけど( ̄Д ̄)




原作が凄く良い背景を醸し出していたり
時代背景がとても情緒あるような作品は、
本当に映像化して欲しくない。
なので恒川光太郎さんの作品だけは
絶対にしてほしくない。
映像化には限界があるけど
自分の頭の中の想像ってのは
とても自由が利くし。
これは読書の魅力でもあると思うんやけど。
自分の大事にしているイメージを
壊してほしくないんですよね。
特にこの方の作品は本当に素晴らしい
雰囲気を書き上げているので絶対いややなー。

・・・って、もし映像化されたら
見なければいいんやけど

・・・やっぱ、ほら・・・

「どんなもんやろなー」って気になるし(笑)


逆に映画化したら面白いかもなー!ってのも
あるんですけどね。
そういうのは結構スピード感があって
トントンと話が進む感じで
物語の構成がハッキリしてるのとか。

それを言ってまうと伊坂さんはそういう
作品多いんやよなー。

あ!!!

貫井徳郎さんの

『天使の屍』は、

映画化賛成かも~。
現代に合った作品やと思うな。
あらすじ載せておきます^^

CA3J0732.jpg




----あらすじ----
一人息子の突然の自殺。
動機が分からない父親は息子が生前親しくしていたと言う友達に話を聞くが、
彼らの反応は淡々としたもの。
それは現状では通常になっているのかもしれない、
妙に大人びた、冷静すぎるとも言える反応だった。
やがて彼らの中の一人も息子を追うように自殺する。
一人の父親がたどり着いた、息子の死に潜んだ驚愕の真相とは。




それから、この小説。

『黒史郎/夜は一緒に散歩しよ』

CA3J0731 (1)

---あらすじ---
作家の横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と一緒に暮らしていた。
妻の死後、千秋は奇妙な絵を描くようになる。
人ではない異形のものを。そして、ある日をきっかけに
「青い顔の女」ばかりを描くようになった。
千秋はその絵を「ママ」と呼び、絵を描くことに執着するようになる。
もうひとつの執着。それは夜の散歩だった。第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作品。



これは、これからの季節に
ピッタリな少しゾクッとする小説です。
なんかすごくドロッとした内容で
相方が「これ怖いやん。売らんの?」と
こないだ言ってました(笑)


この2冊の小説は
前に載せたかもしれんですけど
ダブってたらごめんなさい;


しかし、自分の読むペースが
遅すぎてビックリするわー(泣)
先日、読書好きな方々に
とってもおススメ!!と言って
【沼田まほかる/ユリゴコロ】を
ゴリ推ししたんですが
その方々、
「読んだよ!凄い面白かった!」と
絶賛してくれて、嬉しいーー!!って
気持ちと、

「読むの早ぇえええ(°Д°)」

感心してしまいました(´Д`)

私も読むの早くなりたいなー。
速読速読速読・・・。
『私の心は、もうすぐ死にます。』
嗚呼・・・こういう一節を読むと
断然に読む気があがる。

初めて読ませていただく小説家
『朱川湊人』さん。

CA3J1003.jpg


私の大好きな恒川光太郎さんに
作風が似てるとの評判なので二冊ほど手に入れました。

とりあえず、期待大。


そして最近読み終えた
こちらの小説。

CA3J072300010001.jpg

すんばらしい!!!!!

他にも数冊読み終えたんですが
これが一番やったのでご紹介。

本当に、素晴らしくて。
中途半端な説明不要。
少し怖くて哀しくて
切ない小説が好きな方にオススメ。


チラッと前半部分を。

CA3J0991.jpg

ここだけ読むと

『あぁ、残酷なホラー系かぁ。』

なんて思うかもですが、
裏切られますよ。





「彼らの日々も、僕たちの日々も、
いつか壊れるという運命の上に成り立っていたからこそ
あんなに混じり気なく幸せだったのだろうか。」



この一文を見た瞬間にビクッとなって
何ページか前から遡ってまた読んで。

とにかく哀しくなっちまって(´Д`)


こういう傾向の小説を
選り好みすんのは
何かが自分に当てはまるもんで
読んでしまうんやろうなぁ(´`;)ゞ


さー朱川さん読んで寝よべー。
売り捌いてさようなら。
前に小説を買ったネットショップが
キャンペーン中で買取\1000UPで
自宅まで集荷に来てくれるって事で

この人達を売りました^^

CA3J0936 (1)



重複買いを防ぐ為にパシャリ。
この中にも文庫とハードカバーで
2冊買ってしもたのあります(笑)

昔、CDで輸入盤と日本盤
意図的ではなく買ってしまった事がある。
CDとレコードを両方買う事はあるけど。

ちなみに相方もまったく同じCDを
2回買った事がある。

CA3J0937.jpg


他にも数冊あって全部で40冊くらい売ったかな。
大分本棚もスッキリした^^


小説って余程新刊で状態良かったり
しないと値段付かんのですよなー。
(過去に某本屋で働いていたので・・・。)

新刊で買うくらいのモノは
そもそも売る気ない。
んで、中古¥100のものが必然的に
多くなるっつー。

本って本当に重いから
(特に今回はハードカバー多いし)
店に持ち込むだけで面倒。
なので来てくれるだけでありがたい^^

いくらになるかなー?
見るからに安いやろうなー。
大体100円で買えるし(笑)
折原一は結構揃えてたから
ちょっと迷ったけど・・・。
江國香織の短編集も結構良かったけど・・・

売る基準は、

もう一度読み返すかどうか。



この中には数ページで
読まないな、これって小説もありました。
小説に限っては冒頭の文章の感じなどで
読む気失せて二度と開かないってのは結構ある。

相方との予想は300円。

になれば良いんじゃないかなー。

部屋の一部の壁全面を本で
埋め尽くす計画です^^



CIMG0914.jpg

先日の満月。

めっさ真ん丸やったー。
あんたの前世はねぇ、、、
今回は小説・映画に関する記事。

興味ある方は読んでみてくださいな^^


まずはー・・・映画。

CA3J0839.jpg
 
ぷぷ。
前世が厚揚げもセミも微妙だ(笑)

荻上監督の作品は
やっぱり癒しの宝庫。
poster.jpg

これ、またレンタル落ちとか
安かったら買おう。
猫好きで癒されたい人なら
コレ↑いけると思います。ハイ。
正直、『市川実日子で大丈夫か』と
思ったけど全然OK!(上目線ね。)
部屋の物とか服とか
昭和レトロエスニック?な感じで
見てて楽しかったなー!



それから相方が大好きの・・・


poster2.jpg
出た出た阿部サダヲー!

そして荒川良々ー!

やっぱり面白いなーこの人。好きや。
正直、主役が阿部サダヲ以外なら
観ないですね、この映画(笑)


それからずーーーーっと
観たかったドラマ。
20120108_2647245.jpg

もう大好きな役者ばかり。
でも加瀬亮が出てるのは知らんと借りた。

安藤サクラや池脇千鶴、小池栄子に蒼井優。
演技力は申し分ないのですが、
ドラマにしてしまったのが個人的に
あまり好かん。
隙があるっていうか・・・。

これ、小説を先に読みたかったなー。


もういっちょ、湊かなえ原作ってのに
惹かれて映画館まで観に行った・・・

37ddc907759a8e8ba6c8020bb560d78f.jpg

もうー・・・
『告白』が凄すぎたからなー。
終わった瞬間、ダメ出し連発。

こういう構成の映画、苦手。ふむ。

一方、相方は期待ゼロだったので
逆に『普通。』でした(笑)

これは小説でも読みたくないね。



ってことで小説繋がりで、
最近購入した小説達。

CA3J0840.jpg

実は湊かなえの小説お初。
あんだけタラタラ愚痴ったのにね(笑)
さっき書いた『贖罪』も売ってたけど
映像で観てしまったのでとりあえずスルー。

朱川の読みたかった小説が
売ってなかったのがとっても残念。

ま、恩田のこれ面白そうなので良しとしよう。



で、


読み終えた本。

CA3J08410001.jpg

どんだけ道尾づいてんのよ、ってね。
まー好きなのでしょうがない。
この2作品とも、背景色は灰色。
自分の好みとする作風。
どちらかと言えば『龍神の雨』のが
好きかな。陰鬱さといい、適度な話の運びのスピード。
読みやすかった。

折原さん、もう何作品出してるのか
分からんくらいにベテランやと思うんやけど
これは途中まではいい感じにハマったけど
登場人物の多さと事件の真相に辿り着くまでの道が
迷宮迷路みたいで頭こんがらがって
固結びのままENDって感じでした(汗)

そそそ、一冊漫画混じってますが。
待ちに待った新刊なのに、読み終えた後

『はー。チッ。』

って気持ちに。
なんか損した気分。
最近色々な企業とコラボしとるの見ると
イラっとしたり。


さて。
毎晩の楽しみの肴は・・・

CA3J0842.jpg

私の読書好き原点なる小説家・・・
恒川光太郎さん最新作!!

帯の言葉、見て見て見てー!
そそりまくるわー!!
ハードカバーで445ページと分厚い!!
このジャケットも良し!!


これこそ、この人の作風でしょ!!
正直最近の恒川さんの小説は
読む気減退してたけど
もうこれは読み始めから世界観にドップリ。

最高にいい小説の予感やぜー。


一枚一枚読み進める度に
話しの展開にほど良い緊張感と
終わりに近づいてしまう寂しさ!

これよ、これ!!
こういうのが最近なかったの!!
久々に会えたかも!

小説万歳!!\( ̄▽ ̄)/
平山コンニャク事件
久しぶりに小説の事。

CA3J04890001.jpg

読み終えたのは
だいぶ前なんやけどね。


てか、これ紹介したかなー?
まあいいやー載せてしまえ。



ここに載せた7冊は全部


実際にあった出来事らしい。


嘘か本当かは知らんゾ。

霊的な話もあれば、
狂人の起こした事件もあり。

表沙汰にはならなかった、
いや出来なかった?話ばかりで
読んでてスッキリする
内容ではないかも。


こんな目には絶対に
遭いたくない!!と思う
内容の話ばかりです。

ちなみに相方は
エグいようなのが
最近苦手らしいけど
「うえっ」とか言いつつ少しだけ
読んで「もういい。」と
棚に戻しておりました(汗)


10分の休憩の合間でも
サクッと読める短編集なので
暇つぶしにどうぞ。


ちなみに、
この小説家の平山さんは
小学生の自由研究で
人間の消化器官について疑問を持ち、
サイコロ状に切って番号を書いた
コンニャクを食べ、
体内を通って下から出たコンニャクを
また水洗いして食べ、
区別できない時はザルを使って洗い、
それを繰り返し繰り返し
何回で消化できるのかを
実験したらしい。


これは体験集なのでアレですが、

その他の小説の内容を知ってる人であれば
このコンニャク話を聞いても
納得できるかも。

「だからあんな小説書けるのか~!」て。


面白い小説を書く人間って
奇人が多いだろうなーとは
思っていたけど想像以上でした。


先日、違う小説家ですが
AMA●ONでまた小説を
買ったので届くのが楽しみです^^
また平山さんの本買おうっと~♪


今、同時二冊読みしてるので
それが読み終えたらまた載せます^^


CA3J06470002.jpg

シェーーーッ!つって。

一緒に暮らしてるけど
言葉を伝えれないから
少しの合図でも見逃さないように
する事って大事よね。

それから知識を増やす事って
とっても大事。

猫にとってアロマオイルって
匂いによっては危険なの、知ってます??


これが分かったのは
結構最近の事なので
知らない人も多いのでは。

私はオカンに教わりました。
オカンも無類の猫好きだったので。



特にティーツリーなどは
死に至る危険があるとか。


動物と一緒に住むなら
正しい知識をつけるのって
本当に大事だな、と。

知らず知らずのうちに
大事な家族が苦しんでたら
後悔しても後悔しきれないですよね。

私も知識がまだまだなので
もっと勉強しよ!!
プロフィール

tsu-chan

Author:tsu-chan
名古屋在住。Hardcore Punk・小説・映画・植物が好物。
インドア率高め。Reality Crisis&tsu-chanのDJ予定を不定期に更新する「予定」です。愛猫ノロイを溺愛!!
猫にメロメロ。気軽にコメントどうぞ~^^

1Click Animals
小さな命に大きな温もりを。セツさんのサイト。署名や動物に関するニュースが載ってます。
1 Click Animalsへ
リンク
DEAR こげんた
実際にあった事件。私が動物の問題を考えるキッカケになった出来事。
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。